CodeCamp(コードキャンプ)の辛口な評判【講師の質は悪い?転職に有利?】

Code Campの評判を調べると「最悪」とか出てくるんだけど大丈夫なの?

教材の質はどう?受講料金はいくらかかるのかな?

受講したら転職できるの?受講した人の話も知りたい!

CodeCampはオンライン完結型のプログラミングスクールで、忙しくて時間が無い人でも自宅で学習できるのが大きな強みです。

この記事にたどりついた方の多くは、

・オンライン完結型

・満足度94.6%のレッスン力

・マンツーマン指導で確実に習得

などの記載を見て、興味を持った方がほとんどではないでしょうか。

この記事では、Code Campのリアルな評判について学習内容や受講料金、体験談などを踏まえて徹底解説しています。

CodeCampの受講を検討している方に向けて、次のステップに踏み出しやすいような内容になっているため、ぜひご一読ください。

1.Code Campとは?最悪な評判が出るとは思えない特徴

運営会社 コードキャンプ株式会社
主要株主 フューチャー株式会社(東証1部上場)
設立年 2012年
資本金 1億円
所在地 東京都新宿区西新宿7-22-35西新宿三晃ビル4階

1-1.Code Camp5つの特徴

CodeCampの特徴は主に5つ
  1. オンライン完結型スクールNo.1
  2. 現役エンジニア講師がマンツーマン指導!
  3. 大手東証一部上場企業が筆頭株主だから安心!
  4. 目的別に10個の学習コースを用意
  5. 受講者数は過去20,000名以上

オンライン完結型のスクールの中でも、非常に評価が高く現役のエンジニアがマンツーマンで指導してくれるカリキュラムの濃さが魅力です。

運営会社もIT業界大手の「フューチャーアーキテクト株式会社」であるため、非常に信頼度の高いスクールでもあります。

目的別に全部で10コースの中から選ぶことが出来るため、自分が何を作りたいかによって学習内容を選ぶことが可能です。

過去に20,000人以上の受講生を教えてきた経験もあり、実績とカリキュラムの質を兼ね備えているプログラミングスクールです。

2.Code Campの評判・口コミ

2-1.良い評判

他のスクールよりも安い

Code Campは他のプログラミングスクールより価格が安いことが魅力です。

オンライン完結型のスクールで、人件費や固定費を抑えているため、圧倒的な安さで提供することが出来ています。

2ヶ月148,000円から始められるため、あまりお金が無い方でも簡単に学ぶことが出来る点が非常に魅力的です。

時間の融通が効きやすい

オンラインで受講することが可能であるため、忙しくても時間の融通が効きやすいという声もありました。

Code Campでは朝7:00から夜24:00までオンラインでのレッスンを受講することが出来るため、仕事の前後でも受講が可能です。

非常に教材・講師が良かった

教材と講師の質も非常に良かったという声も多数ありました。

オンライン型だからといって、通学型のスクールに比べて学習内容が良くなかったという声は特に見受けられませんでした。

学習内容についての心配する必要はないことが分かります。

Wantedlyに修了証を貼ることが出来る

2020年1月20日から、CodeCampはビジネスSNSのWantedlyと提携を発表しました。

CodeCampを卒業すると、Wantedlyで修了証を載せることが出来るため転職・就活などの採用活動での資格が可視化しやすくなります。

転職も視野に入れている方には嬉しい機能ですよね。

2-2.悪い評判

質問対応が予約制なのが不満

https://twitter.com/huskyyy_program/status/1079642683973357568

CodeCampは質問対応を予約制にしています。

マンツーマン指導であるため、聞きたい時にいつでも質問出来る訳ではありません。

教材を進めていき、レッスンの際に教師に質問する形になるため、問題が発生した時にすぐに質問できないというデメリットがあります。

レッスンベースなので自習主体ではない

CodeCampでは、週に2~3回ほどの講師とのレッスンをベースに教材を進めていきます。

自習でガンガン進んでいく形というよりは、講師と一緒に課題を進めていくような形になります。

そのため、自分のペースでどんどん進めて、分からない部分を質問するために講師を必要としている方はあまり向きません。

課題が難しい

学習コースにもよりますが、課題が難しいという声もありました。

オンライン型であり、質問のタイミングが限られているため、モチベーションを保てない方は挫折してしまうこともあるかもしれません。

3.Code Campの学習コースは多種多様

Code Campでは、目的別に学習コースを10個用意しています。

  1. Webマスターコース・・・Webアプリケーションの開発
  2. Rubyマスターコース・・・RubyでのWebアプリケーション開発
  3. Javaマスターコース・・・JavaでのWebアプリケーション開発
  4. デザインマスターコース・・・Webサイト制作・Webデザイン
  5. アプリマスターコース・・・スマホアプリの開発
  6. Pythonデータサイエンスコース・・・業務効率化/AI開発
  7. WordPressコース・・・WordPressを使ったWebサイト制作
  8. テクノロジーリテラシーコース・・・ビジネス教養としてプログラミング学習
  9. プレミアムコース・・・全てのコースが受講可能(レッスン回数制限有り)
  10. プレミアムプラスコース・・・全てのコース/レッスンが何回でも受け放題

どのコースも目的ごとに選択することが可能なので、どんな目的の人にもマッチするプログラミングスクールです。

全てのコースをどれでも回数無制限で受講出来るプレミアムプラスコースも用意しており、包括的にプログラミングを学習することが可能です。

コースを選ぶ際は、自分が何をしたいのか目的に沿って選択するようにしましょう。

3-1.Code Campの受講料金・受講期間

Code Campでは、「プレミアム」「プレミアムプラス」コース以外は全て同じ受講料金・受講期間に統一されています。

■受講料金・受講期間

・148,000円/2ヶ月

・248,000円/4ヶ月

・298,000円/6ヶ月

(※料金は税抜価格)

受講料金は「2ヶ月約15万円」なので「1ヶ月約7.5万円」で受講することが可能です。

一般的にオンライン型スクールであっても、1ヶ月約10万円〜かかるスクールが多いです。

他のスクールと比べると、安価に受講出来ることがわかります。

オンラインで時間と場所を選ばずに受講できて、この価格を実現している点は大きな強みですよね。

3-2.転職目的のコース「Code Camp Gate」

Code Campでは、未経験からエンジニアへの転職を目的とした「Code Camp Gate」も用意しています。

学習できるスキルHTML/CSS、JavaScript、PHP、MySQL、Git、Docker
受講期間4ヶ月(基礎学習2ヶ月+実践開発2ヶ月)
受講料金448,000円+30,000円(入学金)=478,000円
受講形式オンライン完結型

Code Camp Gateでは、PHPを使ったWebサービス開発を学習することによって、未経験からのエンジニア転職を目的としています。

転職目的のスクールは、一般的に通学型を採用しています。

しかし、Code Camp GateではCode Campの運営実績を活かして、オンライン完結型を採用しています。

専属のエンジニアのマンツーマンでレッスンに加え、現役のキャリアアドバイザーもついており非常に充実したカリキュラムの受講が可能です。

また2019年には、地方から都心にエンジニアとして転居してくる方に向けて「OYOLIFE」と業務提携を開始しました。

業務提携を結ぶことで、エンジニアとしての転職者の都心への転居支援を行っています。

https://codecamp.jp/news_releases/detail/303

IT企業は東京に集積しているため、受講生のほとんどがエンジニアとして東京に転居しています。

受講後にも安心して暮らせるため、非常におすすめのプログラミングスクールの1つです。

4.Code CampとTech Academyの比較

Tech Academyは、Code Campと同様にオンライン型のプログラミングスクールを運営しています。

両スクールは、料金体系も似ているため比較対象にされることが多いです。

Code Campを検討している方の中にも、Tech Academyと迷っているという方は多いですよね。

Code CampとTech Academyを各項目で比較しています。




Tech Academy

Code Camp
料金129,000円〜148,000円〜
受講期間4週間〜2ヶ月〜
コース数23コース10コース
受講形式オンライン自習・チャット質問オンライン自習・レッスン
講師(メンター)現役エンジニア現役エンジニア
対応可能な時間帯15時〜23時7時〜23時40分
チャット質問ありなし

料金はCode Campなら、Tech Academyの半額ほどで受講することが可能なので、コスパ面では軍配が上がります。

ただ、コース数のバリエーションに関してはTech Academyが2倍近く多いです。

Tech Academyでは、2コース分のセットを自由にカスタマイズできるため、好きな言語を学びやすいのも魅力です。

チャットでいつでも質問できるため、自習形式でどんどん進めていくことが可能である点もCode Campには無いオプションです。

5.Code Campを受講した人の体験談

Code Campを検討している方が1番知りたいのが、Code Campを受講した方の体験談ですよね。

受講した人がどのようなスキルをつけて、何ができるようになっているのか知ることで、受講後のイメージがつきやすくなります。

今回は、実際に受講した方の体験談を3つご紹介します。

1.初心者の私がCodeCamp(コードキャンプ)で学習した感想・レビュー【人気のプログラミングスクール】(https://propoko.com/blog/about

2.CodeCamp(コードキャンプ)の体験談と感想!卒業生にインタビュー!(https://free-engineer.site/codecamp-interview/

3.【りよのCodeCamp体験談】良い所も悪い所もお伝えします!(https://mitsu-liyo.com/codecamp-lesson/

これからCode Campを受講しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

6.Code Campをおすすめしたい人の特徴

Code Campをおすすめしたい人の特徴は3つです。

1.社会人として昼間働いていて忙しい

2.なるべく受講料金を安く抑えたい

3.地方に住んでいるがプログラミングを学習したい

オンライン型で7:00~24:00の間でレッスン時間を選択出来るため、社会人として昼間働きながら、プログラミングを学習したい人にもおすすめです。

また、Code Campは業界内でも最安値のプログラミングスクールです。

なるべく受講料金を安く抑えて「プログラミングを学習したい!」と考えている方には、ぴったりのスクールであることは間違いありません。

Code Campはオンラインで受講できるため、通学することなく自宅でプロのエンジニアからレッスンを受けることができます。

地方に住んでいる方でも、問題なくスキルを身につけることが可能なので、非常におすすめです。

Code Campの特徴に全く該当しない人には、通学型でがっつり学べて、平日10:00~22:00の間ならいつでもチャット質問対応が可能なTech Boostがおすすめです。

Tech Boostは、CodeCampより受講料金が若干高いですが、渋谷に教室を構えており「通学+オンライン型」を採用しています。

教室に通学すればメンターへの対面での質問も可能であるため、都内在住で対面でみっちり教わりたい方は、ぜひ検討してみてください。

7.忙しい人はCodeCampのオンライン学習を有効に使おう!

今回はCodeCampの評判口コミ、学習内容や料金などについて詳しく解説しました。

忙しい人でも通いやすいCode Campは時間がなかなか確保できない社会人の方にもおすすめのプログラミングスクールです。

料金も業界内で最も安く、1ヶ月7.5万円ほどで受講することが可能です。

評判や口コミも激しい批判は見つからず、良い評判・口コミが多く見受けられました。

Code Campの受講をすでに決めている方は、受講する前に自分の学びたいコースについて、しっかりリサーチしてから受講してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です