ポテパンキャンプの特徴5選・辛口な評判や体験談【就職先は至高?】

  • ポテパンキャンプってすごい評判が良いみたいだけど何がすごいの?
  • ポテパンキャンプの学習内容は?仕事しながらでも受講できる?
  • 受講後の就職先は良いの?僕でも自社開発企業に行けるかな・・・

ポテパンキャンプは良質なカリキュラムと紹介先企業が自社開発企業であることから、非常に人気の高いプログラミングスクールです。

この記事を読んでいるあなたも、

・ポテパンキャンプは学習カリキュラムの質が高い!

・現役エンジニアが徹底的にコードをレビュー!

・自社開発企業のみを就職先として紹介!

などの評判を耳にして、興味を持ったのではないでしょうか。

しかし世間の評判が良くても、ポテパンがあなたにとって最適なプログラミングスクールであるかどうかは分かりません。

特徴や料金はスクールによって異なるため、望んでいる内容や料金がマッチする訳ではないからです。

この記事では、ポテパンキャンプの受講を検討している方に向けて評判口コミを中心に、学習内容や料金・就職先などについて解説します。

ポテパンキャンプ卒業後のキャリアまで体験談を踏まえてご紹介しているため、興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.ポテパンキャンプとは「現場で活躍できるスキルが身につく質の高いスクール」

1-1.5つの特徴と着目すべき点

運営会社株式会社ポテパン
設立年2014年
代表者名宮崎大地

事業内容
プログラミングスクール
フリーエンジニア案件サポート
エンジニア転職サポート
エンジニア就活サポート
メディア運営
ポテパンキャンプの具体的な特徴は主に5つ
  1. 完全自社開発企業のみを就職先として紹介
  2. コードレビューは現役のエンジニア
  3. ポテパン経由で就職すると受講料が無料!
  4. 学習カリキュラムの質が高い
  5. 受講生・現役のエンジニアからも評判が高い!

ポテパンキャンプ最大の魅力は、卒業生に紹介する企業を自社開発企業のみに絞って紹介している点です。

通常、受講生の転職を目的としているプログラミングスクールでは、客先常駐(SES)や受託開発の企業も紹介しています。

もちろん自社開発企業を紹介しているスクールもありますが、ほぼ完全に客先常駐企業を紹介しているようなスクールもあります。

その中で、ポテパンキャンプは自社開発企業しか紹介していないため、非常に良質な企業を紹介先として用意していることが分かります。

カリキュラムの質も非常に高く、コードレビューしてくれるのは現役のエンジニアであるため、現場でも使えるコードの書き方を教わることが可能です。

ポテパンキャンプは、受講料金も他のスクールと比べるとかなり安いです。

それだけではなく、ポテパンで紹介された企業に転職すると、受講料金自体がタダになるという驚きの特典も用意しています。

途中で辞めてしまうと解約金が発生してしまうGEEK JOBのようなプログラミングスクールに比べると、どれだけお得か分かりますよね。

現役のエンジニアからも非常に評価が高く、業界でも評価が高いプログラミングスクールです。

1-2.ポテパンキャンプの就職先

例)オウチーノ、IBJ、Readyfor、SAKURA internet、Jiraffe、anydooR、BitStar、iDoctor、adish

2.ポテパンキャンプの評判

2-1.良い評判

現役のエンジニアからも高い評価を得ている

ポテパンキャンプでは、現役のエンジニア・CTO・経営者などからも非常に高い評価を得ています。

教材やカリキュラムの質に加えて、コードレビューの厳しさがエンジニア界隈でも評価が高い要因です。

「現場レベルのスキルを身に付けることができる」と評価を得ているのも、良い企業との繋がりがある理由の1つです。

コスパが非常に良い

詳細な受講料金に関しては3-2.で後述していますが、ポテパンキャンプの受講料金は他社と比べても非常に安いです。

ただでさえ安価なポテパンキャンプですが「実質タダで学べるプログラミングスクール」とも言われています。

ポテパンが紹介した企業に内定すると、受講料金が全額キャッシュバックされるという特典がついています。

DMM WEB CAMPでも受講料の50%~70%のキャッシュバックがもらえるコースを用意していますが、全額戻ってくる訳ではありません。

コスパが非常に良いことも、ポテパンキャンプが高い評価を得ている理由の1つです。

自社開発企業のみ紹介している

自社開発企業のみを紹介している点も、元受講生の口コミに裏付けされています。

ポテパンキャンプでは未経験の方であっても、自社開発企業を紹介してもらえることが最大の魅力です。

実際に自社開発企業に内定をもらっている方の口コミからも分かるように、非常に受講生ファーストなスクールです。

2-2.悪い評判

学習内容が難しすぎる

悪い評判では、学習内容が難しすぎて脱落してしまった人も見受けられました。

良質な学習カリキュラムであるという評判である一方で、難易度は非常に高いということが分かります。

ある程度学習したことのある方でないと、受講してもついていけない可能性が高いことを覚えておきましょう。

Mac bookのみ対応している

ポテパンキャンプでは、Mac bookを持っている人以外は受講することが出来ません。

受講できることが決まってから購入で問題ありませんが、必ずMac bookを購入する必要があることを覚えておきましょう。

3.ポテパンキャンプの学習コース・受講料金

ポテパンキャンプの学習コースは3つに分類されています。

1.選抜クラス キャリアコース

受講内容 実践的な課題開発を3ヶ月間行う。 Ruby on Railsを使用したアプリケーションを複数構築して、複数の現役エンジニア講師からレビューしてもらう。メンテナビリティを意識した開発を身につける。 
学べるスキル HTML CSS JavaScript Ruby Ruby on Rails Rspec Docker heroku rubocop PostgreSQL Solidus Git Bitbucket Slack
受講期間3ヶ月間(13週)
受講料金250,000円(税抜)
応募条件Railsチュートリアルと他Web開発の基礎を学習済みの方 

2.選抜クラス ビギナーコース

受講内容 キャリアコースの内容に加え1ヶ月間Ruby on Railsチュートリアルの学習が付いているコース。 動画教材が非常にわかりやすくRailsの理解を深めるのに非常におすすめ。
学べるスキルHTML CSS JavaScript Ruby Ruby on Rails Rspec Docker heroku rubocop PostgreSQL Solidus Git Bitbucket Slack
受講期間 4ヶ月間(17週)
受講料金300,000円(税抜)
応募条件 Web開発の基礎を学習済みの方

3. オープンクラス

受講内容Webアプリ開発に必要な要素を全体的に学び、実践的な開発まで行う。最後は実際にWebアプリを開発しレビュアーにチェックしてもらう。
受講期間2ヶ月(9週間)
受講料金100,000円(税抜)
応募条件MacBookを持っている方

3-1. 2019年からオンラインでの受講形式に変更

ポテパンキャンプでは、2019年から価格を値上げしたと同時に、通学形式からオンラインでの受講形式に変更しました。

それまでも、教材はオンラインのものを利用していましたが、基本的には教室に通学する形式の受講形式でした。

通学型のメリットは、実際に画面をメンターに見せながら質問することができることです。

オンラインでも画面共有は可能ですが、対面でコードレビューしてもらうのとは伝わりやすさの面で大きな違いがあります。

また、通学の場合はスクール生同士でモチベーションを高め合うことが可能ですが、オンラインの場合は不可能です。

誰も見ていなくても、自分でカリキュラムを進められる人ではないと、学習の継続は難しいでしょう。

3-2. 他スクールと比較!圧倒的なコスパの良さ!

今回は、料金と内容価値が均等になるように、他社の転職型のプログラミングスクールと比較しています。

TECH EXPERT598,000円(税抜)/短期集中コース(3ヶ月)
DMM WEB CAMP628,000円(税抜)/転職コース(3ヶ月)
DIVE INTO CODE598,000円(税込)/Webエンジニアコース(4ヶ月)
ポテパンキャンプ250,000円(税抜)/選抜キャリアコース(3ヶ月)

表を見てもらうと分かる通り、ポテパンキャンプは圧倒的に価格が安価であることが分かります。

他のスクールでは、現役のエンジニアではないメンターであるのことも多いです。

1度現場で働いたことのある方のコードレビューは、現場に入ったことのない方と比べると天と地ほど差があります。

期間も教えている言語も同じであるにも関わらず、圧倒的に安価で受講できるポテパンキャンプは業界で1番コスパが良いスクールです。

4. ポテパンキャンプには選考がある

ポテパンキャンプは全員が申し込んだら受講できる訳ではありません。

事前に選考があり、書類選考と面談が行われます。

口コミ・評判では、書類選考の段階で落とされてしまう方も非常に多く見受けられました。

書類選考に通ると、次は面接に進みます。

面接では、

・なぜエンジニアになりたいのか

・どんなキャリアプランを持っているのか

・現場のスキルはどれくらいか

・1日どれくらい学習できるのか

など本当にエンジニアに転職する意欲があるのかどうかについて問われます。

ポテパンキャンプが非常に高い評価を受けているのは、この選考である程度の人を絞って受講させていることも関係しています。

DMM WEB CAMPやTECH EXPERTなどの選考を行っていないスクールに比べると、最初から優秀な人が集まっているのです。

これから受講を検討している方は、書類選考で落とされる可能性もあるということを覚えておきましょう。

5. ポテパンキャンプは働きながらでも受講できる?

結論から言うと、ポテパンキャンプを働きながら通うのは難しいです。

ポテパンキャンプは、ただでさえカリキュラムが難しいと言われており、挫折してしまう方も非常に多いです。

その過酷なカリキュラムの中で、仕事もしながらプログラミングを勉強するのは、なかなか至難の技です。

働きながら空いた時間を使って勉強して転職したい方は、TECH EXPERTの方が非常におすすめです。

TECH EXPERTなら夜間・休日コースも用意しているため、働きながらでもじっくり勉強し続けることが可能です。

ポテパンキャンプの受講を考えている場合、仕事をやめて、まとまった時間が取れるようになってから受講することをおすすめします。

6. ポテパンキャンプは30代でも受講可能!

ポテパンキャンプは30代でも受講することが可能です。

年齢制限に関しても、2019年のプランの見直しによって実質的に廃止されました。

オープンクラス・選抜クラスの両方で受講の年齢制限がなくなったので、誰でも受講を申し込むことが可能です。

ただ、一般的にどのスクールも30代以上の方をお断りしていることが多いです。

エンジニアの市場価値は25~26歳辺りを境に落ちていき、転職が非常に厳しくなってしまいます。

ポテパンキャンプを受講しようと考えている30代の方は、全くの未経験から選考に通るのは難易度が高いことを心に留めておきましょう。

7. ポテパンキャンプの転職成功体験談

ポテパンキャンプへの受講を検討している方が気になっているのは、実際に転職に成功した人がいるのかどうかですよね。

実際にポテパンキャンプにはどのくらい転職している人がいるのでしょうか。

ここでは、ポテパンキャンプの転職成功体験談を3人紹介しています。

自分が卒業後どんなキャリアを積みたいのか、あまり明確に決まっていない方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.現場よりも厳しいプログラミングスクール?ポテパンキャンプの5人の卒業生に徹底インタビュー!(https://dividable.net/programming-school/potepan-interview/#i-6

2.ポテパンキャンプを受講したガチの感想を語る(https://note.com/web_tensyoku/n/nfcb88b90f506

3.臨床開発モニターからSaaSスタートアップのRubyエンジニアに転職成功!(https://camp.potepan.com/interview/448

みなさん1度入った会社を数ヶ月〜2年ほどで辞めてから、ポテパンキャンプを受講して転職に成功しています。

どの受講生ももれなく自社開発企業のエンジニアに転職出来ています。

カリキュラムをやりきれば自社開発企業に転職できることは間違いないでしょう。

8. ポテパンキャンプがおすすめな人の特徴3つ

ポテパンキャンプがおすすめな人の特徴は3つあります。

1.絶対に自社開発企業に就職したい方

2.受講料を安価に抑えたいと考えている方

3.すでにある程度Ruby on Railsの学習が済んでいる方

ポテパンキャンプに転職する方の中には、SESでエンジニアとして働いていた方もいます。

SESで働いている中で、全くスキルがつかない現場に派遣されてしまい、嫌気がさして自社開発を目指すケースです。

SESに就職してもスキルのつく案件に派遣されれば別ですが、案件ごとのプロジェクトが変わるので辛いことも多いです。

未経験の方の中にも、こういった評判を聞いて、絶対に自社開発に行きたいという強い思いを持った人なら受講することが可能です。

また、受講料金を安価に抑えたいと考えている方にも、おすすめです。

ポテパンキャンプは、全体でも25~30万円しかお金がかからないため、高額な受講料金を支払わなくても済みます。

ただ、ポテパンキャンプのカリキュラムは実践向けの課題なので、基礎的なことが理解出来ていない人には厳しいです。

全く知識がない人は「Railsチュートリアル」(https://railstutorial.jp/)を最低でも1周してから挑みましょう。

9. 鬼のコードレビュー?スクールで自社開発企業内定を勝ち取ろう!

今回は、ポテパンキャンプについて評判や口コミ、学習内容や向いている人の特徴などについて解説してきました。

ポテパンキャンプは、Rubyを学んで自社開発企業の内定を勝ち取りたい人には、もってこいのプログラミングスクールです。

カリキュラムとコードレビューの厳しさから脱落する人も多いため、最後まで本気でやりきる根気がある人の方が向いています。

またポテパンキャンプを受けるには、選考が必要となるため、全員が受講できる訳ではありません。

これから受講を検討している方は、ある程度Ruby on railsを学習してから、ポテパンキャンプの選考に申し込むようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です