プログラミング資格は必要?3つのメリット・文系未経験からの戦略

エンジニアに就職/転職を考えている!有利な資格があれば取りたい!

でもそもそもプログラミングの資格は必要?重要視されるの?

実際に取って有利になった人の体験談とかあれば知りたいな!

「将来的な需要が高い」「高収入」「フリーランスになりやすい」などのメリットから人気が急上昇しているエンジニア。

これからエンジニアを目指そうと考えている方の中は、「資格」を取っておきたい!と考えている方も多いのではないでしょうか。

たしかに資格をとれば、就職活動にとってプラスになるかもしれません。

結論から言うと、プログラミングの資格は採用においてプラスには働きますが、「最重要視」はされる項目ではありません。

この記事では、プログラミングの資格はそもそも必要なのか?実際に資格を取った人の体験談などを交えて詳しく解説します。

記事を読み終えれば、これから資格の取得すべきか、すべきではないのか判断できるようになります。

岡本優河

岡本優河

プログラミングの資格は決して無駄ではないですが、それよりも優先すべきことがあるんです!

1.エンジニアになるためにプログラミング資格は必要?

結論から言うと、エンジニアになるために資格は必要ではありません。

エンジニアの市場価値は資格よりも「実績とスキル」が最重要視されるためです。

転職サイトでエンジニアの求人を探してもらえば分かりますが、募集要項にプログラミング資格の保持が設けられているのは少数。

「経験年数最低〇年以上」「求められる言語〇〇、〇〇、〇〇…」など、経験年数とスキル面で求めらている求人が多数見受けられます。

未経験からエンジニアに転職する場合でも面接の際に採用担当がチェックするのは、資格よりも実績として作った成果物。

資格があれば必ずエンジニアになれる訳ではないため、初学者の場合は何の言語で何を作れるのかの方がよほど重要です。

ではプログラミング資格を取得するメリットは「全く」ないのでしょうか?

岡本優河

岡本優河

プログラミング資格を取ることのメリットも十分にあるんですよね!

2.プログラミング資格を取るメリット

2-1.スキルの証明になる

採用する企業側からすると、未経験の人を採用する際には、ほぼその人のポテンシャルを判断して採用することになります。

その際に資格を持っていれば「一定のプログラミング基礎知識に対する理解はある」と認識してもらうことができます。

エンジニアの採用面接では、これまでに制作した成果物を見せることが多いですが、資格の方がより分かりやすい指標にはなり得ます。

一定のレベルに達していることのスキル証明になるため、必ずプログラミング資格を取得するようにしましょう。

2-2.自分の実力を確認できる

独学で学習している方の中で、他の人と比べて自分にどの程度スキルが身についているのか疑問に思った方はいませんか。

自分の実力を確認するという意味では、プログラミング資格を受けてみると、どのくらい基礎的な知識が身についているのか把握できます。

資格の勉強によって知識の定着を深めることもできるため、自分のレベル感を確認する意味ではおすすめです。

3-3.企業によっては報奨金が貰える

プログラミングの資格を持っていることで、企業によっては報奨金が貰えることもあります。

企業からすれば、IT系の資格保有者を社内に揃えておいた方が顧客からの信頼度がアップするため、なるべく取得して欲しいもの。

中には社内で資格保有者を増やすために、資格を取るための手当を出したり合格報奨金を出している企業も。

参考:https://next.rikunabi.com/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=001265

特に大手ベンダー企業では10万円以上の報奨金を貰える企業もあるため、資格を取得するだけで臨時収入が入ってくるというメリットもあります。

岡本優河

岡本優河

プログラミング資格を持っておくことで有利に働くことも多いんですね!

3.プログラミングの資格は成果物と合わせて有効にアピール

未経験者を判断する指標として採用担当者がもっとも重要視するのは、実績としての成果物のレベル感。

エンジニアの場合は自分でオリジナルのWebアプリを作ることで「できること」を分かりやすく示すことができます。

成果物で現段階での自分のスキルを証明する+プログラミング資格でしっかり基礎が勉強できていることダブルでアピールできれば非常に有効的です。

就職/転職面接の際に、資格を持っていてマイナスに働くことはありません。

有効にアピールすることは十分にできるでしょう。

岡本優河

岡本優河

資格は成果物の+αとして考えておくと良いでしょう。

4.未経験者におすすめのプログラミング資格

4-1.ITパスポート

「未経験者で全くITに関する知識がない」「ITに関する基礎の基礎知識から知りたい」

という方におすすめなのがITパスポート。

エンジニアに限らずIT業界を志す人であれば、誰しもが知っておきたい必要知識を網羅的に学ぶことができます。

具体的にはAI/IoT/ビッグデータなどの新しい技術の概要に関する知識をはじめ、セキュリティ・ネットワークなど知識を身につけることが可能です。

ITパスポートはあくまでもIT知識の基礎の基礎であるため、採用面接では評価の対象にはならない可能性が多いです。

ただITの業務に必要なセキュリティ、データベースなどについての理解を深められるため、全く知識がない初学者の方にはおすすめです。

4-2.基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は経済産業省が主導している国家試験で、ITパスポートより難易度が高くITエンジニアとしての基礎知識が身につきます。

独学でも十分学ぶことができて、ITエンジニアを目指しているのであれば、必ず取得しておきたい資格の1つです。

企業によっては新卒向けの研修として取得を求められることも。

基本情報技術者処理試験は、ITエンジニアとして最低限度の知識を持っていることを採用面接でアピールすることができます。

ソフトウェアやプログラムの基礎知識を身に付けたい方はぜひ挑戦してみましょう。

4-3.応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、基本情報よりも高度なIT知識を持っていることを証明するための試験です。

現役のエンジニアの方でも、なかなか取得難易度の高い試験であると言われており、相応の勉強量が求められます。

試験の役割としては、

応用技術者情報試験の役割
  1. 需要者(企業経営、社会システム)が直面する課題に対して、情報技術を活用した戦略を立案する。
  2. システムの設計・開発を行い、又は汎用製品の最適組合せ(インテグレーション)によって、信頼性・生産性の高いシステムを構築する。

の2点が求められており、まさに高度なIT知識を持っている人材として証明することができる資格の1つであると言えます。

未経験者であっても応用情報技術者としての資格を保有していれば、面接官からの好印象を持たれること間違いないでしょう。

岡本優河

岡本優河

応用まで取れなくても基礎まで取っておければ初学者としては十分でしょう。

5.【業種別】エンジニア転職後に取得したいプログラミング資格

5-1.Web系エンジニアの場合

Web系エンジニアは、Webアプリケーションやシステムを作るエンジニアで、非常に需要が高いことで知られています。

今やスマホでブラウザやアプリを誰でも使う時代ですからね。

RubyやPHP、JavaなどのWeb系プログラミング言語を使って開発するため、自分が使用する言語の資格を取ることが好ましいです。

1.Ruby技術者認定試験

RubyはWebアプリ開発で使用されているプログラミング言語で、日本で生まれた言語であるため開発現場でも頻繁に使われています。

Ruby技術者認定試験は受験者のスキルレベルに応じて「Silver」「Gold」の2つに分かれていて、高いRubyのスキルを証明するための試験です。

開発コストを安価に抑えて開発できるRubyはベンチャー企業で利用されることが多く、実力証明として持っておくと現場でも重宝されるでしょう。

2.PHP技術者認定試験

PHP技術者認定試験は、PHP認定機構によって行われているPHPの認定試験の1種です。

PHPはWebアプリケーション開発の現場において非常に需要があり、WordPressの開発などでも使われているプログラミング言語。

「初級」「準上級」「上級」の3段階に分かれており、初級合格率は70%、準上級・上級合格率は10%と一気に難易度が上がっていきます。

PHPはWeb系エンジニアに必要とされるサーバーサイド言語の中でも圧倒的なシェアを誇っています。

エンジニアとして仕事を獲得する上で非常に有効な資格になり得るでしょう。

3.Java SE 8 認定資格

JavaはあらゆるWebアプリケーション開発の中で利用されているプログラミング言語で、長期的に見ても非常に需要があります。

Java SE 8 認定資格は、2015年5月から認定試験として位置付けられており、Javaを扱っている企業で評価されやすい資格の1つ。

試験レベルは「Bronze」「Silver」「Gold」の3つに分かれており段階を踏んで学んでいくことが可能です。

冗長的なコードの削減方法や、並列処理のプログラミングなど、アプリケーション開発の目的に非常に効果的な資格の1つとなっています。

5-2.インフラエンジニアの場合

インフラエンジニアはWeb系エンジニアとは異なり、Web開発において基盤(インフラ)となる部分を設計し構築するエンジニアです。

具体的にはサーバーやネットワーク周りを整備するのが仕事で、コードを書く機会が少なく、ラックの配線・サーバ設置など現場で機材と向き合うことが多いです。

インフラエンジニアは、

インフラエンジニアの専門範囲
  1. サーバー
  2. ネットワーク
  3. データベース

などの専門分野の知識が分かれているため、それぞれの資格試験内容も大きく異なって作られています。

1.シスコ技術者認定

シスコ技術者認定は、ネットワークコンピューター企業として最も知られているシスコシステムズが主催している認定試験です。

シスコ技術者認定を受けることによって、ネットワーク周りの知識を証明することが可能になります。

試験は5段階に分かれており、

シスコ技術者認定試験
  1. CCT(エントリ)
  2. CCNA(アソシエイト)
  3. CCNP(プロフェッショナル)
  4. CCIE(エキスパート)
  5. CCAr(アーキテクト)

の順番に難易度が上がっていく仕組み。

中でもCCNA(アソシエイト)、CCNP(プロフェッショナル)はネットワーク周りのスキル証明のためには非常に有効な資格。

ネットワークエンジニアとして採用されたいなら、勉強しておいて間違いはないスキルであると言われています。

2.LPIC(Linux技術者認定)

LPIC(エルピック)は、日本のIT企業において多くの企業が導入しているオープンソースOSであるLinuxに対して知識を問う試験の1つ。

サーバーエンジニアには、OSやサーバー機器、アプリケーションなどに関する深い知識が求められるため、Linux技術を示す上でLPICは有効です。

LPICの資格種類としては「LIPIC-1」「LIPIC-2」「LIPIC-3」に分かれており、大規模なシステムや特殊な認定システムなどを学習可能。

サーバー周りの知識を身に着けたい方は、LPIC-1だけでも取っておくと理解がかなり深まるでしょう。

3.ORACLE MASTER(オラクルマスター)

ORACLE MASTER(オラクルマスター)は、日本オラクル株式会社が実施しているデータベースの認定試験のことです。

オラクルは世界的な企業でもあり、国内のデータベース管理ソフトウェアにおいて約50%ほどのシェアを占めており、圧倒的なシェアを誇っています。

つまりオラクルが使えるということは、国内トップシェアを誇るデータベースを扱えるという技術の裏付けになるというメリットがあります。

試験のグレードは「Bronze」「Gold」「Silver」の3つに分かれており、データベースやSQLの高度な知識が要求されます。

ORACLE MASTER(オラクルマスター)は世界基準の資格として認められています。

データベースエンジニアとして世界的に認定される資格を取得できるというのも、大きなメリットであると言えるでしょう。

7.実際のプログラミング資格は賛否両論?体験談・口コミまとめ

7-1.プログラミング資格を取って有効活用できた人

プログラミングの資格を有効活用できると感じている方は、

  1. 就職/転職で意外に評価してもらえた
  2. 初心者が概念を学ぶには丁度いい

などの意見を持っている方が非常に多く見受けられました。

資格を持っていること自体は、決して無駄ではなく就職活動で意外と面接官に注目してもらえる指標になったという声も。

世間一般論的には「プログラミングは資格より実務経験!」と言われがちです。

しかし実際には資格を取って有効活用できている人もいるため、全く意味がないという訳ではないことがわかりました。

学習初心者にとって、技術的な部分よりもより大枠の概念から理解する観点で、資格には十分意義があることがわかります。

7-2.プログラミング資格取ったけど意味なかった人

一方でプログラミングの資格を取ったけど意味がなかった…と感じる方は「プログラミングは資格より実務」と訴えている方が多く見受けられました。

口コミの多くは現役のエンジニアの方から寄せられており、

「資格はあくまでも基礎的な知識が身についていることの証明であり成果物の方がよほど重要」との意見も。

資格を取ること自体は評価対象ではあります。

ただ、それ以上に何か作った方が転職活動ではメリットが大きいため、資格はあくまで+αで取っておく意識をもっておきましょう。

岡本優河

岡本優河

「資格なし<資格あり<成果物あり<資格+成果物あり」の順番で評価されます!

8.エンジニアになるにはプログラミングの資格より成果物の制作に集中しよう!

今回はエンジニアになる上で、プログラミングの資格は必要なのかどうかについて解説してきました。

転職活動を有利にするために、資格を取ろうと勉強すること自体は絶対に無駄ではありません。

実際に口コミでもあったように、プログラミングの資格によっては面接官から良い印象を持たれることも多いです。

ただエンジニアになるためには資格よりも自分で何かプロダクトを成果物として制作した方が役に立つのも事実。

エンジニアを目指している方は、まず成果物を自分で作れるレベルになってから、スキル証明証として資格を取るくらいのイメージで問題ありません。

プログラミングの資格取得に躍起になる前に、まずは成果物制作に全力で集中するようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です