リゾキャバとは?最悪なデメリット・収入・現実的な稼ぎを先輩が解説

リゾキャバ

リゾキャバとはリゾート地で女性がナイトワークする事を意味しており、リゾートバイトサービスを活用する事で日本全国の求人に気軽に応募する事ができます。

この記事ではそんなリゾキャバのリアルな体験談を元に、実際にリゾートバイトを利用した事がある筆者が詳しくまとめています。

これからリゾキャバに挑戦しようと考えている方は、是非ともこの記事を参考にして頂けたら幸いです。

1.リゾキャバとは?

リゾキャバとはリゾートとキャバクラが一緒になった造語であり、仕事には以下のような種類が含まれています。

  • キャバクラ
  • ガールズバー
  • スナック
  • ラウンジ

主に女性を対象としたサービスであり、短期間でサクッと稼ぎたい方にとてもおすすめの働き方となっていますね。

また、時給に関してもナイトワークという事でかなり高額となっている上に、ノロマ等も一切ないので気軽に自由に働けるのが一番の魅力です。

1-1.リゾキャバとリゾバの違い

リゾキャバとリゾバ(リゾートバイトの略)の違いは、女性を対象としたナイトワークであるという事です。

リゾバの場合はホテルや旅館、農業、牧場、スキー場、ビーチスタッフ等の幅広い業種から求人が選べるようになっています。

しかし、リゾキャバの方は女性を対象としたナイトワークのみとなっているので、普通のリゾバでは体験できないような経験も積む事ができます。

1-2.リゾキャバの仕事内容

リゾキャバの仕事内容ですがキャバクラを例に挙げると、基本的にはお客さんの隣についてお酒を作り、会話を盛り上げる事が仕事になります。

逆にガールズバーではカウンター越しに接客をしお酒を作るので、キャバクラとの違いはお客さんの隣に座るかどうかといったところですね。

その他、グラスを洗ったりトイレ掃除をしたりなどの雑務は”ボーイ”と呼ばれる男性従業員が行ってくれるので、接客の仕事が好きな方には大変楽に感じる事でしょう。

お酒が全く飲めない方でも働けるようになっているところが多い上に、無理に会話を弾ませようとしなくても良いので、まずは気軽にチャレンジしてみることが大切です。

1-3.リゾキャバは1週間〜2週間程度の短期でも働ける

リゾキャバはリゾバと同じで、最短1週間からでも働けるようになっています。

お店によっては週1勤務でもOKなところもありますので、その点はお店側との交渉次第となります。

その他、従業員用の寮等も用意されているところが多いため、住み込みで家賃や光熱費等を節約しながら貯金することも可能となっています。

1-4.リゾキャバでは海外でも国内でも両方働ける!?

残念ながら日本国内のリゾートバイト派遣会社では、どこも海外の案件を取り扱っていません。

海外でリゾキャバを行う際にはその国の”就業ビザ”が必要となる上に、語学力等も必要ですのでお店や地域によってはかなりハードルが高いと言えます。

その他、働き先などもコネがないと雇われなかったりするので、全くの未経験者が挑戦するにはかなり難しいでしょう。

2.リゾキャバのデメリットとメリットを比較

リゾキャバは大変待遇がよくとてもコスパの良い働き方だと思われがちですが、実際にはかなり苦労する点も多いようです。

キャバクラやガールズバー等で一度でも働いた経験がある方であれば、イメージが付きやすいかも知れませんが初めての方にはかなり不安があると思います。

リゾキャバのメリットだけではなくデメリットまでしっかりと把握した上で、最終的に応募するかどうか判断してくださいね。

2-1.リゾキャバの4つのデメリット

  1. お客さんに堂々とセクハラされる事がある
  2. 都市部のキャバクラのようにガッツリ稼げない
  3. 沖縄でリゾキャバする場合は日焼けがヤバイ!
  4. 地方や離島だと移動がかなり不便

リゾキャバの一番のデメリットは、接客中にお客さんにセクハラされる事ではないでしょうか。

ガールズバーではればカウンター越しに仕事する事ができますが、キャバクラになると隣に座って話をしなければいけませんので、中にはさりげなく身体を触ってくる人もいます。

ただ、不正行為が行われた場合はボーイさんが対応してくれる場合が多いので、必ずボーイに報告するようにしてください。

その他、先輩キャバ嬢もしっかりとカバーしてくれるので、比較的安心して働ける環境ではあります。

2-2.リゾキャバの6つのメリット

  1. 時給がとにかく高くて稼げる!
  2. 業界未経験でも働ける上に、ノルマ等は一切なし
  3. 住み込みバイトなので家賃や光熱費また交通費も無料
  4. 休日は自由に観光地で遊べる上に休日は多め!
  5. 友達を作りやすい上に、異性との出会いが多い
  6. 身バレの心配等もないので安心

リゾキャバの最大のメリットは、やはり他のリゾバ求人よりも時給が高いことにあります。

リゾキャバでは時給1,800円以上のところもザラにあるので、短期間でサクッと稼ぎたいと思っている方には大変おすすめの働き方でしょう。

その他、基本的には住み込みでバイトする形となるので家賃や光熱費は無料であり、現地までの往復の交通費等もしっかりと支給されます。

3.リゾキャバ体験者による実際の評判と口コミ

リゾキャバを実際に体験した事がある方の評判や口コミを総合的に見ると、人によってはかなり良いと言った意見もあるものの、中にはナイトワークが合わない人もいるようです。

キャバクラやガールズバー等といった仕事は基本的に接客業なので、初見の男性とも気軽に話せるスキルが必要となります。

日によってはお酒を飲む事をお客さんから勧められることもあれば、同伴出勤やアフターといったサービスも行わなければいけない時もあるでしょう。

リゾキャバが初めての方は業務内容をしっかりと把握した上で、今一度自身に出来そうな仕事であるか判断してから最終的に応募するようにしてくださいね。

3-1.リゾキャバの良い口コミ

テレビ番組「マツコ会議」で一度取り上げられた事があるリゾキャバですが、その影響もあってかかなり求人に応募する女性も増えたそうです。

特に沖縄エリアでゆるくリゾキャバしたいといった方が多く、待遇もかなり良い上に都会にあるようなキャバクラのように、ノルマがないのが最大の魅力ではないでしょうか。

また、時給も2,000円と普通のリゾバに比べたら遥かに高い時給額で、月に30〜50万円くらいは稼げるようですね。

リゾキャバではお店側に交渉すれば自身都合に合わせて、出勤時間や出勤日を調整してくれるところが多いようです。

特に離島や地方のお店はかなりゆるいみたいで、同じ従業員同士トラブルになることもなく、楽しく働けるみたいですね。

リゾキャバでは衣装などは全てお店側で用意されているので、私服で出勤してその後お店で着替えてすぐにでも働けるようになっているところが、大変多いです。

都会のキャバクラと比較してかなりゆるい労働環境なので、比較的ストレスも感じにくく働きやすい環境といえますね。

3-2.リゾキャバの悪い口コミ

離島や地方のリゾキャバはどうしても寮がお店から遠かったり、アクセスが悪かったりする場合が多いです。

その上、寮によってはかなり古い場合もあるので虫が出現したり部屋の清潔感がなかったりするので、その辺りは覚悟して行く必要がありそうですね。

また、寮に関しては必ず利用する義務はないので、お金に余裕がある方は別にアパートやマンションを借りても良いようになっています。

リゾキャバを始めた当初は、誰でも帰りたくなるようですね。

見知らぬ土地でいきなり働き始めるわけですから当然ではありますが、慣れるまでがかなりキツイようです。

リゾキャバは基本的に出勤が夜の8時から翌朝2時くらいまでとなっているので、昼間は自由に行動する事が出来ます。

ただ、その自由時間をフル活用して遊んでしまうと夜働けなくなるので、調子にのって遊びすぎてしまうのは禁物ですね。

あくまでも仕事で来ている事を忘れてはいけません。

4.口コミからわかるリゾキャバで稼げる額

結論、月に20万〜100万くらいはリゾートでも稼げるポテンシャルがあることが分かります。

もちろん場所や案件、容姿などにもよりますが、短期間でこれだけ稼げるのは住み込みならではの魅力ですね。

5.リゾキャバの参考になる海外の体験談

日本国内のリゾートバイト派遣会社では海外求人を取り扱っていないですが、実際に海外にもキャバクラは存在しています。

そのため、中には各国のキャバクラを渡り歩きながら海外で働いている方もいらっしゃいます。

その他にも海外のキャバクラで出会ったお客さんと結婚し、現地へ移住された方もいます。

そのような事例からも、海外リゾキャバもビザの手続き等で最初は面倒ですが、慣れたらかなり楽しそうですね。

5-1.オーストラリア

オーストラリアはメルボルンの方で、日本人リゾキャバを募集しているキャバクラがあるようですね。

時給は27.5AUD(約2,000円)となっており、日本と変わらないくらいの時給額です。

その他にもパースの方では”高級カラオケ”での仕事も募集されており、こちらもリゾキャバの部類に分けられます。

時給額は45〜60AUD(約3,300〜4,500円)とかなり高額です。

詳しく知りたい方はこちらのサイトからリゾキャバの求人情報を確認する事ができます。

5-2.シンガポール

テレビ番組「マツコ会議」でも取り上げられたシンガポールでのリゾキャバは、今では大変有名ですよね。

実際にシンガポールのリゾキャバ求人は東京の銀座のキャバクラにも負けないくらいの敷居の高さとなっています。

その上、キャバ嬢に求められるスキルもかなり高くなるようです。

その分貰える給料もかなり良いので、海外で短期リゾキャバ して稼ぎたいと思っている方には、大変おすすめですね。

また、以下の体験談記事も是非とも参考にしてみてください。

5-3.ハワイ

リゾキャバしていたら誰もが一度はハワイでも働いてみたいと思うものですが、アメリカに所属しているハワイは、かなり就業ビザの取得が難しく現実的ではないのが現状です。

実際にハワイにもキャバクラはあるらしいのですが、労働ビザの関係上かなりハードルが高く手続きが面倒なためおすすめできません。

ただ、語学力に関してはお客さんの殆どが日本人なため、必要ないとのことです。

ハワイのリゾキャバを検討されている方は、以下の記事にも詳しくまとめてありますので、是非とも参考にしてみてください。

【悲報】ハワイでリゾートバイトする方法を調べたが非現実的で諦めた件

6.リゾキャバがおすすめな人とそうでない人の特徴

今までキャバクラやガールズバー等で一回も働いた経験がない方は、分からないかもしれませんが、そういったナイトワークは必ず向き不向きがハッキリと出てきます。

あなたが社交的でお酒が好きな人であれば問題はありませんが、極端に人見知りでお酒も苦手、しかも潔癖症等であればリゾキャバは辞めておいた方が良いでしょう。

その他にも昼夜逆転して働くようなライフワークはしたくない、といった方にも向かない仕事なので、応募する際にはしっかりと検討してから行うようにしてくださいね。

6-1.リゾキャバがおすすめな人

  • 様々な人に出会うのが好きな方
  • 短期間でサクッと稼ぎたい方
  • 今までに一回でもキャバクラで働いた経験がある方

人と会話するのが好きで、ついつい知らない人とも長話してしまうとても社交的なあなたには、かなりリゾキャバが向いてると言えます。

その他、短期間でサクッと稼ぎたいと思っている方にもリゾキャバはおすすめで、利用者の多くは海外留学やワーキングホリデーなどを考えて貯金している人も多いです。

また、今まで一度でもキャバクラで働いた経験がある方は、リゾキャバはかなりおすすめできる働き方ですね。

6-2.リゾキャバがおすすめできない人

  • 他人と接するのが苦手な方
  • 潔癖症な方
  • 虫が苦手な方

昔から他人と話をするのが苦手な方や知らない男性と話すのが嫌いな方は、リゾキャバはおすすめできません。

あくまでも接客業なのでコミュニケーションがうまく取れなかったり、人見知りしていては仕事になりませんからね。

その他、極端な潔癖症な方もリゾキャバは辞めておいた方が良いでしょう。

お酒の席なのでたまにお客さんが飲み過ぎて、吐いてしまったりもしますので。

また、離島や地方の古い寮での住み込みとなるため、部屋には高確率で虫等が出てきます。

虫が苦手な方にはちょっと無理かもしれませんね。

7.リゾキャバするなら沖縄(本島か石垣島)がおすすめ!

リゾキャバをする方の多くは沖縄エリアを希望する方が大変多く、特に沖縄本島や石垣島、宮古島等がかなり競争が激しいエリアとなります。

求人に関しては時期によって募集されていない時もありますが、お店によっては年中募集されているところもあります。

人気のお店だと募集が開始されるとすぐに定員が埋まってしまうため、気になる求人は予め担当者に伝えておくようにしましょう。

また、沖縄エリアの特徴としては何と言っても海が近くにあるため、休みの日はいつでもビーチで遊ぶことができます。

特にマリンスポーツが好きな方は、一年を通して綺麗な海で遊ぶ事ができます。

その上、夏になると本島から沢山の旅行者が訪れるので、素敵な出会い等もあるかもしれません。

8.リゾキャバで働くまでの手順【登録から勤務開始まで】

  1. リゾキャバを募集しているのは”ヒューマニック”だけ!
  2. 公式サイトから登録する
  3. 担当者と電話面談を行う
  4. リゾキャバに関する求人情報を貰う
  5. リゾキャバ勤務先に応募する
  6. 採用後、現地へ移動してリゾキャバ開始

初めてリゾキャバに挑戦する方は他の求人サイトを活用するよりも、担当のエージェントがしっかりとサポートしてくれるリゾバ派遣会社を活用した方がとても楽です。

リゾキャバ求人を扱っているリゾバ派遣会社は今のところ”ヒューマニック”だけとなっているので、気になる方はまずは公式サイトから求人検索してみてくださいね。

実際に登録から現地で働くまでの手順はとても簡単かつ、スピーディーに話を進めてくれるので、最短3週間程度で内定して勤務地へ向かう事ができるでしょう。

勿論、往復の交通費は全額支給されるので安心してくださいね。

8-1.リゾキャバを募集しているのは”ヒューマニック”だけ!

リゾキャバ求人を探すにはリゾートバイト派遣会社を活用するのが、一番良い方法です。

しかしながら、キャバクラやガールズバーなどの求人を扱っているのは今のことろ数あるリゾバ派遣会社の中でも”ヒューマニック”だけです。

他のリゾバ派遣会社では取り扱いがされていないので、リゾキャバをやってみたいと少しでも思っている方はまずはヒューマニックに登録するところから始めてみましょう。

8-2.公式サイトから登録する

登録に関してはヒューマニックが運営するリゾバ.comの公式サイトから、約1分で出来るようになっています。

登録後は登録完了の通知がくる他、担当者との電話面談の日程調整の連絡がくるようになっているので、希望の日時を指定して返信するようにしてくださいね。

8-3.担当者と電話面談を行う

担当者との電話面談では主にリゾキャバ求人に対する希望やこれまでのあなたのキャリアや持っている資格やスキル等について聞かれます。

面談時間は約10分ほどなので、それほど時間はかかりません。

もしリゾキャバやリゾバ派遣会社等について分からない事がある場合は、電話面談時に直接詳しく聞くようにしてくださいね。

8-4.リゾキャバに関する求人情報を貰う

担当者との電話面談が完了すると数日後にあなたにあったリゾキャバ求人が、メールで紹介されます。

万が一、最初に紹介されたリゾキャバ求人に該当する求人がなかった場合は、再度条件を変えて求人を探してもらうように担当者に連絡しましょう。

場合によってはもう一度電話面談することも可能なので、その際には担当者としっかりと話し合って決めてくださいね。

8-5.リゾキャバ勤務先に応募する

応募するリゾキャバ求人が決まったら担当者に連絡し、求人情報を勤務先に送ってもらって内定の通知が出たら現地までの交通手段と経路を決めていきます。

交通経路に関してもリゾバ派遣会社の担当者に伝えないといけませんので、ある程度決まったら連絡するようにしてください。

8-6.採用後、現地へ移動してリゾキャバ開始

移動日がはっきりと決まって交通経路も決まったら、実際に現地へ移動し次の日から勤務開始となります。

最初は慣れない土地での慣れない仕事なので、誰でも帰りたいと思うものです。

2週間もすれば仕事にも寮の生活にも慣れると思いますので、頑張ってリゾキャバに取り組んで下さいね。

9.まとめ:リゾキャバとは?評判や口コミから分かるデメリット・メリット

リゾート地で楽に仕事が出来るリゾキャバは、今ではテレビの影響もあってか大変人気の仕事となっています。

日本国内だと夏は特に、沖縄エリアに応募が殺到します。

そのため、必ず気になるリゾキャバ求人がある場合は、早めにリゾバ派遣会社の担当者に伝えておくようにしておきましょう。

この記事の要点は以下となります。

<リゾキャバの4つのデメリット>

  1. お客さんに堂々とセクハラされる事がある
  2. 都市部のキャバクラのようにガッツリ稼げない
  3. 沖縄でリゾキャバする場合は日焼けがヤバイ!
  4. 地方や離島だと移動がかなり不便

<リゾキャバの6つのメリット>

  1. 時給がとにかく高くて稼げる!
  2. 業界未経験でも働ける上に、ノルマ等は一切なし
  3. 住み込みバイトなので家賃や光熱費また交通費も無料
  4. 休日は自由に観光地で遊べる上に休日は多め!
  5. 友達を作りやすい上に、異性との出会いが多い
  6. 身バレの心配等もないので安心

リゾキャバは短期からでも働く事ができる上に、往復の交通費も全額しっかりと支給されるので、仲の良い友達とのちょっとした旅行にも活用できます。

また、ここまでのリゾキャバに関する解説で分からない事がありましたら、関連性の高い項目から今一度読み直してみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です