【先輩解説】大学生にオススメの人気リュックを選出【失敗しない】

予算にあったコスパの良いリュックを選びたい。

大学で「あのリュックダサいな。センスないな。」と思われたくない。

せっかくリュックを買ったのに「荷物が入らない」「すぐに壊れた」なんて事態は避けたい。

この記事を開いたあなたは、せっかく買うリュックで損をしたくないと考えているのではないでしょうか。

リュックは通学から旅行まで使えるので、大学生活でとても重宝します。

ですが、数あるリュックから自分に合ったリュックを選ぶのは難しいですよね。

この記事では、リュック選びの基本的な3つの条件をもとに、ランキングを作成しました。

現役大学生の筆者は、入学時にリュックを購入して3年が経ちました。

6,000円で購入したのに、今でもほぼ毎日使い続けていてコスパが良いと思いませんか?

その秘訣は、自分に合った人気のリュックを丁寧に選んだからです。

周囲から見てダサくない自分に合ったリュックだと、自信を持って大学生活が送れそうですよね。

お洒落で便利でコスパの良いリュックを見つけましょう!

もくじ

1.【厳選3選】リュックを選ぶ前に知っておきたいメリット

1-1.リュックは両手が空くから移動が楽

大学生の主な移動手段は、電車、バス、徒歩、自転車でしょう。

電車やバスの中ではスマートフォンをいじることが多いと思います。

電車やバスでもリュックなら両手が空くので、片手で吊革を掴んで安定した状態で移動できます。

さらに、満員でもリュックを前にかければ、自分の前にスペースが確保できるはずです。

そうすると、スマホをいじれるスペースができますよね。

リュックの最大のメリットは両手が空くこと

リュックなら、雨の日に傘をさして歩いても、片手を自由に使えるでしょう。

また、スタバを買っても片手にカップ、もう片方でスマホをいじることができます。

リュックなら自転車でも背負って漕げるので、他のバッグに比べて楽チンです。

1-2.どこに行っても使えるから1つあると便利

リュックは通学や旅行から、企業説明会やパーティー、交流会まで幅広く使用できます。

街でリュックを使っている人はどんな服装でしょうか。

私服の大学生からスーツのサラリーマンまで、十人十色ですよね。

リュックはどんな服装やシーンでも使えるので、1つあると便利なんです!

1-3.4年間使えるからコスパが良い

リュックにはナイロンやポリエステルなどの丈夫な素材が使われています。

耐久性に優れており、満員電車での擦れやアウトドアでも傷みません。

また、汚れが目立ちにくいのも嬉しいポイントですね。

さらに、防水加工や撥水加工をされたリュックは水にも強いです。

雨の日の通学で荷物が濡れてしまう経験はよくありますよね。

水に強いリュックなら、雨の日でも荷物は濡れません。

つまり、リュックは丈夫なだけでなく荷物も守ってくれます。

そして、リュック自体は中々壊れないので、かなりお財布に優しいです。

使い方次第では大学卒業後も使うことができるでしょう。

2.これがリアル!大学生のリュック事情

私の大学(都内)では男子の7割がリュックを使っています。

トートバッグ派もいますが、ほとんどがリュック派です。

特に、リュック使いが多かったのは「自転車」を使う人達。

自転車が漕ぎやすい点、急な雨に強い点で選ばれているようです。

そして、驚いたことに黒いリュックを使っている人が8割もいました。

みんな服に合わせやすい無難な色を選んでいるのではないでしょうか。

リュックの種類は様々ですが、「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」が多いですね。

30人程度の授業でもノースフェイスを使っている人が1人はいます。笑

使用者に「なんで使ってるの?」と聞いてみると、「ノースフェイスってカッコいいし、収納が便利」って答えてくれました。

また、リュックを使うのは通学だけではありません。

サークルでは服や靴を入れ、アルバイトでは制服を入れて使います。

他には、旅行や帰省の時にも使う人が多いですね。

3.あたりまえ!リュックを選ぶ3つの基準

リュックを選ぶ際の基準は3つです。

この基準をミスると、せっかく買ったリュックが無駄になってしまいます。

リュックを選ぶ3つの基準

  1. デザイン
  2. 機能
  3. 価格

「もっと大人っぽいリュックにすればよかった。ダサいから使うの止めよう」

「パソコンを毎日使うのにこのリュックだと入らない」

「リュックにお金を掛けすぎてサークルに行けない」

買い直しにならないために、3つの基準を決めてからリュックを選びましょう。

3-1.お洒落なデザインでイケてるやつになろう

リュックもファッションアイテムなので、デザインは大切です。

人は外見で印象を判断するので、リュックにも気を配る必要があります。

自分のコーディネートに合わせたリュックを選びましょう。

例えば、ロングコートにカジュアルなリュックは似合いません。

ですが、革製のリュックならカッコいいシャープな印象を与えられるでしょう。

スポーティーなファッションなら、アウトドアなリュックが似合うでしょう。

つまり、服とリュックの雰囲気が似ていれば「この人お洒落だな~」という印象になります。

リュックのデザインは「自分の服装に合っているか」で選んでみましょう。

3-2.教科書やパソコンが簡単に取り出せる大きさは?

機能の中でも特に注目すべきは、「大きさ」です。

大学生は何かと荷物が多くなりがちです。

大学ではパソコンや教科書、サークルの荷物、お弁当、マイボトル。

学校以外でも旅行や帰省の荷物、バイトの服を入れる場面があるでしょう。

せっかくリュックを買ったのに、大きさが足りなくては元も子もないですよね。

したがって、リュックの使用シーンに合わせて大きさを選んでみましょう。

リュックは容量(L=リットル)でよく表されますが、目安を参考にしてみてください。

  • 10L:ランニング
  • 20L:通学、通勤、簡単な登山、小旅行
  • 30L:通学(荷物が多い場合)、1泊程度の旅行
  • 40L:海外旅行
  • 通学をメインに考えている方は20~30Lがベストです!

    僕は23Lを使っていて、パソコンと教科書4冊、マイボトルを入れてもまだ余裕があるくらいです。

    でも、一泊の旅行でパンパンになったことがありました。

    衣服や靴を入れる機会がある人は、30Lを目安に考えると良いかもしれません。

    3-3.やっぱり気になる価格と耐久性

    大学生はついつい支出が多くなりがちです。

    サークルや飲み会、カラオケ、ドライブ、服、靴、交通費、教科書、パソコン、免許代、外食代。

    1人暮らしの人なら家賃、水道光熱費、食費。

    「意外とお金がかかるな」「そんないっぱいお金がいるのか」「節約しないと」

    こう感じる方もいるのではないでしょうか。

    さらに、スマホの故障やアーティストのライブで突然出費が増えることもしばしば。

    となれば、安いけど長く使える「コスパの良い」リュックを選びたいですよね。

    コスパの良いリュックを選ぶには、

    自分がどのくらいの期間、リュックを使う予定なのか?

    自分がどのくらいの頻度で、リュックを使うのか?

    の2点を考えてから、選んでみましょう。

    4.2つの信頼できるデータからリュックを選抜

    リュック大好き現役大学生が、実際のデータと自分の感覚を基にランキングを作成しました。

    3つの基準ごとのランキングで紹介するので、あなたの理想のリュックが見つかるはずです!

    4-1.楽天とAmazonの4つのデータとSNSの声

    紹介するリュックは、レビュー、売れ筋(人気度)、価格、ラインナップの4つの項目で評価しました。

    これらは楽天やAmazonのデータと、 TwitterやInstagramなどの口コミです。

    そこから、男性用9コ、女性用4コの2020年の人気リュックを厳選しました。

    実際のデータを基にしているので、間違いなしの内容ですね。

    4-2.リュック好き大学生のリアルな意見

    都内に通う大学生の筆者は、入学時にリュックを購入しました。

    そのリュックを3年経った今でも使っています。

    実はそのリュック選びに1か月も費やし、ネットと店舗でリュックを探しまくりました。笑

    また、毎日大学に通っているので多種多様なリュックを目にしています。

    そんなリュック狂が、30時間かけて選んだので、実際の使われ方、評判を反映したリアルなランキングになりました。

    4-3.部門を3つ用意

    選んだリュックを「①デザイン部門 ②機能部門 ③価格部門」の3部門に分けました。

    あなたが重視する部門のランキングから、選んでみてください。

    5.これから選べば間違いなし!令和の人気リュックTOP9

    5-1.お洒落でイケてるデザイン(雰囲気・オシャレ度)部門

    1位:Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)【絶対外さないリュック】

    • 商品名:Jefferson Market Garden Backpack
    • 定価:13,200円
    • デザインの系統:シンプル×洗練された

    マンハッタンポーテージと言えば、「マンハッタンの街が描かれた赤いロゴ」

    デザインはシンプルですが、安っぽさはなく、洗練された雰囲気があります。

    ブランド力や認知度もあるため、万人ウケするリュックと言えるでしょう。

    注意点は”被る可能性”と”大学生感”が出てしまう点です。

    中に仕切りがあり、小物収納のポケットもあるので、モバイルバッテリーや定期入れ、弁当箱、教科書、プリント、ファイル、パソコン等を分けて収納できます。

    また、元々軍用に開発されたナイロンが素材のため非常に丈夫です。そのため、朝の満員電車でも傷みにくかったり、大学卒業後まで使うことができます。

    シンプルなデザインのため、カジュアルやキレイめなど、どんな服装にも合わせることができます。無難なデザインなので誰でも似合う一方、他の人と被る可能性が高めです。

    悪印象を持たれたくない、デザインで絶対外したくない人におススメのリュックと言えます。

    マンハッタンでサイドファスナー付はなかなか無いですが、こちらの商品は付いているので使いやすくて大満足です♪

    サイズ感も大きすぎず、マチも控えめなので背負ったときに出っ張りすぎなくて、理想的な商品でした。

    レビューURL

    2位:AS2OV(アッソブ)【こだわりデザインが魅力の日本発ブランド】

    • 商品名:AS2OV (アッソブ) HI DENSITY CORDURA NYLON ROLL BACK PACK 
    • 定価:18,000円
    • デザインの系統:高級感×個性的

    アッソブは日本発のリュックブランドなので、安心で高品質です。

    ”ファッションとしてバッグを楽しむ感覚”を大切にしているため、一番重視されているのがデザイン性。

    リュックのラインナップが豊富で、人と被らないオシャレなリュックを使いたい人は必見です!

    勿論使いやすさも考えられていて、荷物を取り出しやすい構造になっています。

    防水仕様の生地だけでなく内側にも水の侵入を防ぐテープが貼ってあるため、「傘を差してもリュックだけ濡れる」なんて場合でも、パソコンや教科書を水から防いでくれます。

    また、背面にジップがあるため荷物の取り出しが便利です。いちいちリュックを開けなくて済むので、パソコンや教科書をスッと出すことができて非常に便利です。

    色の違うレザー部分が特徴的で、カジュアルに使うことができます。

    大きいリュックは野暮ったくなりがちですが、このリュックはデザインがシンプル過ぎないので、オシャレな印象を与えられます。

    フェスやキャンプ、旅行などで、大活躍するのではないでしょうか。

    たくさん入るのに、あまり大きく見えないデザインで素敵でした。

    くるくるしている上部から荷物を取り出すのは少し手間ですが、後ろのファスナーから楽に取り出せるので問題ありません。


    周りの方からも褒められたし、買ってよかったです。

    レビューURL

    3位:Herschel Supply(ハーシャルサプライ)【高級感ある個性派リュック】

    • 商品名:LITTLE AMERICA
    • 定価:12,800円
    • デザインの系統:カジュアル

    アウトドアスタイルとクラシカルな雰囲気のデザインが特徴のリュック。

    2本のレザーストラップが高級感のある洒落た雰囲気を醸し出しています。

    人と被らない、個性的なリュックを使いたい人におススメです。

    公式サイトでは56パターンのラインナップがあり、人と被らないオシャレリュックを選んでみませんか?
    公式サイトURL

    ポケットはマグネットで開閉できるので簡単に開け閉めでき、ストレスなく扱えます。

    また、メインポケットの他に、パソコンや電子辞書をしまえるようなクッション付きの便利なポケットもあります。

    背負うショルダー側にはメッシュパッドが使われているため、蒸れにくい仕様になっています。

    夏にシャツの背中が汗で透けてしまう、色が変わってしまうなんて経験があると思いますが、メッシュなら発汗を抑えることができます。

    ちょっと大きめのリュック。初めて見た第一印象は、おもったより大きめだな、ということでした。

    普段、B4サイズのノートpcと書籍類を持ち運んで通学するのですが、多少オーバーサイズな気がします。

    が、大は小を兼ねるということで毎日使っています。


    使ってみて気付いたのは、マグネット式の開閉方法が多少面倒で、またポケットの数も少ないのが不満ということでした。

    と、不満ばかり書いているようですが、デザインがおしゃれで価格も手頃なので、かなり満足しています。

    レビューURL

    5-2.ハイスペックで超便利!機能(容量・丈夫さ・収納)部門

    1位:THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)【誰もが知る人気リュック】

    • 商品名:ホットショット クラシック
    • 定価:17,600
    • デザインの系統:アウトドア

    街を歩けば必ず目にする「THE NORTH FACE」のリュック。

    定番中の定番と言えるカッコいいリュックです。

    元はアウトドアのブランドのため、多機能でかなり便利。

    さらに、デザイン性も高く、”カッコいい”イメージが学生の間にはあるようです。

    機能性が高くオシャレなブランドイメージもあるので、最強のリュックと言えるでしょう。

    パソコンサイズの収納ポケットや大量の小物ポケットがあります。

    荷物がリュックの底でバラバラになるのが嫌な人・すぐに手帳やペットボトルを取り出したい人におススメです。

    また、ショルダーハーネス(背負うと肩にあたる部分)にはクッションが入っており、長時間の通学や重い荷物でも体への負担を軽くできます。

    さらに、背面がメッシュ素材のため、夏でも背中に汗をかかずに使うことができます。

    どんなシーンや服装にも合わせることができる黒色が一番人気です。注意点は人と被る可能性が高い点です。

    大学に通う娘の為に購入しました。

    娘の意見ですが、とてもしっかりした作りでたくさん荷物がはいるので、実習用白衣やシューズお弁当、iPad、ペットボトル等収納できるためサブバックを使わなくて楽との事です。

    ポケットも多く、小物も分けて入れられるので、細々した物もきちんと収納でき、とても使いやすいとの話でした。

    レビューURL


    2位:Arc’teryx(アークテリクス)【高品質が売りの4年以上使えるリュック】

    • 商品名:アロー22
    • 定価:29,800
    • デザインの系統:都会的

    若者から人気の「アークテリクス」

    大学生や若い社会人が使うのをよく見かける、長く使うことができるリュックです。

    背負い心地が気持ちよく、体への負担が軽い点が最大のメリットでしょう。

    マークは始祖鳥をモチーフにしており、そのマークがあるだけでカッコいい!となるブランド力があります。

    アロー22は背負い心地が圧倒的に良いと評判です。
    リュックの独特なフォルムは、荷物の重心を上にするために設計されており、大量に荷物を入れても体への負担を軽くしてくれます。

    また、背面がカーブしていて背中の熱気が逃げるスペースがあるため、蒸れにくい仕様になっています。

    さらに、表面の撥水性が高く、水たまりのようになっても中は濡れません。加えて、止水ジッパーが使われているため、ジッパー部分からの水の侵入を防ぐことができます。

    つまり、中身が濡れることはないと言えるでしょう。

    抜群の機能性と独特の雰囲気を持つデザインを兼ね備えているため、値段は高めですが長く使うことができます。長く使えるカッコいいリュックが欲しい方にはピッタリです。

    注意点は「偽物」が出回っている点です。逆に言えばそれほど人気ということですね。

    筆者の友人には、メルカリで1万円で本物を買えた人がいるので、中古品なら安めに買えるかもしれません。

    背負いやすさは完璧です。
    荷物も大学に持っていく分は不自由はありません!

    レビューURL

    容量はそこまで多くないですが、とにかく背負い心地は最高ですね。
    長時間背負っていてもあまり疲れません。欠点としては黒に黄色のやつは街で本当によく見るということです笑

    このリュックの表記サイズは22Lですが、実際に他のブランドの同容量のリュックと比較すると容量は少ないように思います。
    それでも、文庫本が3冊、13インチMacBook Pro(ケース付き)、500mlのペットボトル、財布、手帳、パーカー、筆箱、ノート2冊くらいでしたら余裕で入ります。

    一度、出張で使いましたが、泊まりだと2泊3日が限界かな?というところです。あとはジムに行くときに着替えとシューズとプロテインシェーカーくらいなら余裕です。

    3位:GREGORY(グレゴリー)【通学から旅行まで使える万能型】

    • 商品名:デイパック
    • 定価:22,000
    • デザインの系統:アウトドア

    斜めのジッパーがカッコいい王道リュック。

    デザインがシンプルなので、シャツにもパーカーにも合わせられます。

    カラーバリエーションや柄が豊富なので、王道からちょっと外したいな、という人は必見です。

    そして、1番の魅力はその耐久性。

    4年間ずっと使い続けらるのはありがたいですね。

    1977年に誕生して、現在まで売れ続けているこのリュック。それだけ人気なリュックと言えるでしょう。

    収納は大中小のポケットとパソコンやファイルを入れるのに丁度良い仕切りがあるため、荷物を整頓して入れたい方にピッタリです。
    中にはフックが付いていて家の鍵を掛けられます。

    ポケットが斜めになっているのでサイズぎりぎりのファイルやタブレットも簡単に出し入れできます。

    デザインが良い。

    大きく開くことができるので、パッキングが簡単。

    手前のミニポケットにはiPadも入る。2泊3日の旅行であれば、少し持っていくものを考える必要があるが、1泊2日であれば必要充分の容量。

    レビューURL

    5-3.やっぱ値段は気になる!価格(安さ・コスパ)部門

    1位:Coleman(コールマン)【コスパ最強の人気リュック】

    • 商品名:ウォーカー25
    • 定価:6,480
    • デザインの系統:アウトドア

    一言でいうなら「コスパ最強リュック」

    低価格ながら容量や収納、デザインが人気で、耐久性も高いと評判です。

    アウトドアブランドのため丈夫なつくりで、長く使っても壊れません。

    また、アクティブな印象を与えることができるでしょう。

    収納ポケットは5つあり、充電器や手帳、折り畳み傘、ミンティアなどを分けて収納できます。

    Twitterの投稿では「約6年近く使い込んだColemanリュック。」なんて言葉も。それだけ長持ちするこのリュック。

    黒色なら汚れも目立ちません。

    そして、めちゃくちゃ軽いです。重さが約500gで、500mlペットボトルとほぼ同じ重さなので通学や移動が楽になります。

    注意点としては、パソコンをカバーするような仕切りがないコト。パソコンを持ち歩く場合は、パソコンケースの中にパソコンを収納すると安心。

    使い始めてもうすぐ2年。

    他の製品なら、そろそろあちこち痛んでいる箇所があるのだが、こちらはそれがまったくない。


    雨の日も、風の日も、通勤時や休日のお出かけにと酷使しているのに、丈夫だ。

    デザインやカラーは好みの問題なので、そのあたりのレビューは割愛するが、シンプル且つ機能的な製品で大満足。

    レビューURL

    2位:OUTDOOR(アウトドア)【超安いカジュアルリュック】

    • 商品名:452U
    • 定価:5,280
    • デザインの系統:カジュアル×カラフル

    安さを求める方におすすめのリュック。

    Amazon等で3,000円台になっている場合も。

    最初のリュックにピッタリの商品です。

    カラーバリエーションが豊富なので、自分の好みの色が見つかりそうですね。

    デザインも機能もとにかくシンプルで、仕切りもないです。
    そのため、
    「これからどのくらい教科書を使うか分からない」
    「パソコンを持ち歩くか分からない」
    「どんなサークルに入るか決めていない」
    という人は、「452U」を持っておくと重宝するはずです。

    後ろから見るとアウトドアのロゴとジッパーがワンポイントで可愛いです。また、ラインナップが豊富でカラフルな色から選べます。

    大学2年です。通学用に欲しくて黒を購入しました。

    分厚いテキストもたくさん入って、ほんとに大容量です。

    外のポケットは大きすぎるくらいで、いつもすかすかになってしまいます(笑)。

    荷物が少なめの人には少し大きすぎると思います。

    レビューURL

    3位:Helthknit(ヘルスニット)【何でも使えるシンプルなリュック】

    • 商品名:バックル バックパック
    • 定価:4,900
    • デザインの系統:シンプル

    バックルがオシャレなコスパの高い商品。

    2つの大きな外ポケットには財布、スマートフォン、折り畳み傘、ペットボトルを収納できます。

    デザインはシンプルで、大人っぽい雰囲気のあるリュックです。

    通学だけでなく、遊びやデートでも活躍してくれるでしょう。

    背面の横にもジッパーがあるため、電車や移動中でも簡単にプリントを取り出して勉強したり、荷物をしまったりできます。

    注意点は、留め具があまり強くない点です。ずっと使っていると弱くなっていき、自然に外れてしまう場合があります。

    値段に比べて普通に大容量。見た目もシンプルで使いやすい。

    ポケットも2つあって便利

    レビューURL

    6.【人気TOP3】女子大生におすすめのリュック

    1位:THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)【女子大生の王道リュック】

    • 商品名:シングルショット
    • 定価:13,200
    • デザインの系統:アウトドア

    小柄なリュックで、女性が使いやすく設計されています。

    人気ブランド「ノースフェイス」の王道リュック。

    コレ1つで大学、旅行、ライブなど、どこにでも行けちゃう万能型です。

    大人気ブランドの人気シリーズで、デザインも機能も信頼できるリュックです。

    最大の特徴は「小柄な見た目なのに高機能で何にでも使える」という点です。背負った時の見た目の割に、容量は23Lあるので通学や小旅行も可能です。

    また、収納も豊富でPC用スリーブ、スケジュール帳やポーチ、鍵が入るポケット、水筒や財布が入るサイドポケットなどがあるため、あらゆる荷物に対応できます。

    防水機能は強くないですが、軽い雨程度なら大丈夫です。人と被る可能性は高いですが、使えるシーンが多く便利なため、コスパの良いリュックと言えます。

    身長155センチで小柄な体型ですが、背負ってみると使いやすい大きさです。

    荷物もたっぷり入り、収納力抜群です。ありがとうございました。

    レビューURL

    2位:Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)【デザインも機能も優れた正統派】

    • 商品名:Big Apple Backpack
    • 定価:10,230
    • デザインの系統:シンプル×洗練された

    女子大生の定番リュックはこのリュックでしょう。

    丸みを帯びていて、女性が使いやすい大きさと形です。

    街歩きに丁度良いサイズで、A4ファイルやパソコンも入るけど、大きすぎない絶妙なサイズ感。

    ブランドの認知度も高いので、絶対に外したくない人におすすめです。

    シンプルな黒のデザインに赤のロゴがあることで、シンプルでも洗練された印象を与えられます。
    王道のリュックで知名度やブランド力もあるため、コレを持っておけば間違いなしでしょう。

    また、フロントポケットのファスナー上部にカバーが付いているため、浸水を防ぐことができ、定期券や充電器を雨から守ることができます。

    カジュアル過ぎないリュックなので、20代になってからも使うことのできるリュックです。買っておいて損のない安心感のあるリュックと言えます!

    レビューで小さいって言われてたのでちょっと不安でしたが、女子にはピッタリですね。


    あれより大きいと、微妙かも。

    学校に行く荷物は、ちゃんと全部入るししっかりしてるので、重みを感じないのがgood。

    レビューURL

    3位:MILKFED.(ミルクフェド)【赤いロゴが可愛いリュック】

    • 商品名:BIG BACKPACK BAR 2
    • 定価:12,100
    • デザインの系統:かわいい

    「ノースフェイス」「マンハッタンポーテージ」に比べて使用率が低いです。

    赤いロゴデザインが目を惹く可愛いリュック。

    定番から少しズラしたい、人と被らないリュックを選びたい人はいかがでしょうか。

    収納やクッション性など機能にも優れており、サイドや内側にポケットがあるため、小物の収能力は抜群に高いです。

    さらに、底のポケットにはバイト着やシューズを入れることができます。

    Tシャツでもフリースでも、通学やバイトでも、旅行やフェスでも、季節とシーンを問わず使うことができます。

    背板がわりと硬めで意外でした。

    ポケットも多く整理はしやすいですが、思っていたほどは荷物は入らないです。

    大きめですが、すっきりしたデザインで、とても可愛いです。

    レビューURL

    7.まとめ 【大学時代のリュックはまさに「相棒」】

    リュックは長く使えるモノです。

    財布などの小物は無くしやすいですが、リュックごと無くすなんてありえませんよね。

    一度買ったリュックは、ボロボロになるまで、あなたの隣で支えてくれるはずです。

    また、通学から海外旅行まで幅広く使えるモノ。

    朝の満員電車や飲み会の帰り道、海外のビーチ、帰省中のバスや電車。

    いつでもどこでも、リュックはあなたの背中にいます。

    これからの大学人生4年間を共にするといっても過言ではありません。

    実際に私の友人は同じリュックを4年使い続けました。

    だからこそリュックはきちんと選びましょう。

    選び抜かれたリュックは、大学生活の最高の相棒になります。

    そのために、デザインや機能、価格の条件を決めましょう。

    自分にピッタリのリュックが見つかるまで、この記事から検討しましょう。

    自分に合ったリュックを選び、あなたの大学生活が少しでも良くなれば幸いです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です