大学生がバイト意外で稼ぐ12の方法【月20万以上稼いだ先輩解説】

大学生がバイト以外に稼ぐ方法って何があるの?

大学生ってバイト以外でもガッツリ稼げるの?

この記事を見ているあなたはバイト以外の稼ぐ方法を探しているはずです!

この記事では、大学生がバイト以外でお金を稼げる12コの方法をご紹介します!

1.友達が多い人にオススメ!イベントの主催で稼ぐ

バイト以外で稼ぐ

イベントを主催してお金を稼ぐためにはパーティーやライブイベントなどのチケットを販売することで売上を得ます。

収入額はチケットを販売した売上から費用を引いた額です。

イベントの主催で稼ぐ事は、あなたに人脈があったり、一緒に主催している人たちに人脈があれば比較的簡単です。

しかしあなたのチケットを買ってくれる友人がいなかったり、イベント自体が魅力的なものでなければチケットは売れません。

そのため会場を借りたり人を呼ぶための費用のほうが、チケットの売上よりも高くなってしまいます。

つまりイベントを主催して稼ぐには、企画の内容の確認や動員数の推測などを入念に行う必要があります。

2.コツコツ空き時間に稼ぎたい人にオススメ!ポイントサイトのポイントで稼ぐ

バイト以外で稼ぐ

ポイントサイトで獲得したポイントを現金などと交換することで稼ぐことも可能です。

ポイントサイトの案内に則って資料請求や登録を行ったり、商品を注文したりすることでポイントを貰えるのがポイントサイトです。

また登録などを行わなくてもミニゲームをするなどして、誰でもポイントが貰えるような仕組みであることが多いです。

そのため毎日続けていれば必ずある程度の収益は見込めます。

しかし登録や商品の注文以外でのポイントは1日あたり1円分程度であることが多いです。

またポイントの交換も1000円分のポイントなどからしか行っていない場合が多いです。

つまりポイントサイトでお金を稼ぐためにはポイントを稼ぐための出費や、個人情報を色々な企業に渡すリスクと手間が要求されます。

そのためポイントサイトで稼ぐぐらいならバイトをしたほうが効率的です。

<ポイントサイト紹介>

3.ハイリスクハイリターンの代名詞!治験で稼ぐ!

バイト以外で稼ぐ

「治験」という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

治験とは、新薬の実験体となって新薬の副作用などを試すお仕事のことです。

新薬は開発後に必ず人で試験をしておかなくてはなりません。

しかし実験体となることを希望していない人に強制的な人体実験を行うことは法律違反となります。

そのため新薬の実験体を募集するために、高額な報酬が支払われる「治験」というお仕事が存在するのです。

治験のお仕事は危険性も伴いますが、報酬も抜群に良いものばかりです。

例えば4泊5日で報酬が20万円などです。

ただし治験に参加するためには治験の条件をクリアしていたり、新薬の副作用で重大な病気を患う可能性があることも理解しておく必要があります。

治験に参加する際には危険性を理解した上で参加するようにしましょう。

<治験募集サイト>

4.タダでご飯が食べられる!モニターで稼ぐ!

バイト以外で稼ぐ

主婦や一部の会社員などの間ではモニターというお仕事が流行ってきています。

モニターとは新しい商品を受け取って試用してみたり、レストランなどの飲食店へ潜入したりして商品やお店の評価を行う仕事です。

モニターの仕事では食事代や商品代は企業から支給される場合がほとんどです。

そのためタダで商品を貰ったり食事ができるということで密かにブームになりつつあります。

モニターの仕事は少ないように思われますが、モニターの仕事で検索するとかなりの数が出てくるため、興味がある方は簡単なものから始めて見ると良いでしょう。

ただし治験と同様にモニター募集にも条件が課されている場合があるため注意してください。

<モニター募集サイト>

5.YouTuberとして稼ぐ

バイト以外で稼ぐ

ユーチューバーはYouTube上に動画を投稿し、その動画に付けられた広告収入でお金を稼ぐ仕事です。

また企業から依頼された商品を紹介する企業案件なども収益源となります。

ユーチューバーもバイト以外の収入源として非常に魅力的です。

なぜならユーチューバーの仕事は好きなときに撮影し、好きなときに編集し、さらにお金を得ることが出来るため自由な稼ぎ方ができます。

報酬は動画の再生1回につき0.2~0.3円と言われています。

そのため10万回再生されれば、それだけで2万円から3万円の収益が見込めます。

しかしユーチューバーとして稼ぐためには見たいと思ってもらえるようなコンテンツの作成が必要です。

視聴者から多く見られるには自身の強みを活かしたり、ニーズに答えられるような動画づくりの技術が必要です。

また広告を付けられるようになるのにも条件が課せられています。

YouTubeチャンネル収益化条件

  • 過去12ヶ月間の総視聴時間が4000時間以上
  • チャンネル登録者数が1000人以上

ユーチューバーとして稼げるようになれば大きな収入源を確保できます。

しかしこれらの条件をクリアするだけでもかなり難易度は高めだと言えます。

6.ライブ配信者として稼ぐ

バイト以外で稼ぐ

ライブ配信者はライブ配信を行うことでお金を稼いでいる人たちのことです。

ライブ配信アプリ
  1. Pococcha
  2. イチナナ
  3. ライブミー

これらのライブ配信アプリがライブ配信者の主な活躍の場です。

ライブ配信者はライバーとも呼ばれています。

ライブ配信では投げ銭機能というものが用意されており、視聴者が配信者に対して投げ銭することが出来ます。

ライバーたちはその投げ銭から手数料を惹かれた額が収益として受け取ることが出来ます。

ライブ配信者の中には1時間で10万円以上稼ぎ出す人もいます。

そのため稼げるようになれば一攫千金も夢ではありません。

しかしユーチューバーと同様に、稼げるまでに時間がかかる可能性があるため、今すぐ稼ぎたい場合にはおすすめできません

7.アフィリエイトで稼ぐ

バイト以外で稼ぐ

ブログやサイトなどを通して他社の商品を販売するアフィリエイトと呼ばれるものがあります。

サイト内の広告で特定の商品を宣伝し、その広告から発生した売上の一部がサイトの所有者の報酬となります。

また商品の宣伝となる広告は、多くの場合ASPと呼ばれる仲介業者を介して宣伝することになります。

宣伝したい企業がASPに広告の宣伝を依頼して、サイトやブログの運営者がASPから広告の掲載許可を貰って宣伝するという形です。

アフィリエイトの報酬は広告によって異なるため、アフィリエイトの稼ぎやすさは人やジャンルによると言えます。

<ASP紹介>

8.転売で稼ぐ

バイト以外で稼ぐ

転売とは安く商品を仕入れて、高く商品を売ることです。

収入は商品の売上から販売手数料と購入した際の金額を引いた額になります。

メルカリやヤフオクといったサービスが多く使われるようになったことで、転売というビジネスで稼ぎやすくなりました。

転売というとネガティブなイメージを持つ方も多くおられるかもしれませんが、個人で安く仕入れた商品を仕入れるだけのことです。

そのためチケットやプレミアムグッズなどの買い占めと転売が行われることで転売に対してネガティブなイメージがついているものの、

転売というビジネス自体は倫理に反したものではありません

また転売する商品は漫画やゲームなど安価なものから、

家電やブランド品といった効果なものまで豊富にあります。

そのため大学生でも転売で稼ぐチャンスは大いにあると言えます。

9.インターンで稼ぐ

バイト以外で稼ぐ

インターンシップの中でも有給インターンシップというものがあります。

有給インターンシップでは、インターン生として働くことで、勉強できるだけでなくお金をもらうことも出来ます。

しかしインターンの多くは無償で、長期の場合でも給料が発生するものは少ないです。

そのため有給インターンシップを見つけられる可能性自体低いため、インターンで稼ぐのは難しいと言えます。

10.一攫千金も夢じゃない!投機で稼ぐ

バイト以外で稼ぐ

投機とは短時間の間に商品の取引を行い、売り買いの差額で収益を得る投資方法です。

FXやバイナリーオプションは投機にあたります。

FXやバイナリーオプションでは、わずか数秒から数分のうちに売買を済ませることが出来ます。

また為替市場の流動性を活かした変動性の強い売買ができるため、利益や損失の幅が非常に大きくなります。

そのため稼ぐことができれば一気に億万長者となれる可能性もあります。

しかし数秒間のうちに借金を抱えてしまう可能性もあるため注意が必要です。

11.時間を価値にして売る!タイムチケットで稼ぐ

バイト以外で稼ぐ

特定のバイト先に勤めたりせずとも、時間を売ることでお金を稼ぐことも出来ます。

それがタイムチケットです。タイムチケットではあなたの時間に値段を設定することで、お客さんにあなたの時間を買ってもらうことが出来ます。

また資格を持っていたり、得意なスキルが有る場合は、その能力を活かして高く時間を買い取ってもらうことが出来ます。

そのため好きでもないバイトをして稼ぐよりも、得意なことを活かして稼げるタイムチケットを利用するのも良い手です。

タイムチケット – 個人の時間を30分単位で売り買い

12.クラウドソーシングで稼ぐ

バイト以外で稼ぐ

クラウドソーシングとはサイトを利用して仕事の発注と受注が、発注者と受注者の間で直接行えるサービスです。

クラウドソーシングを利用することで、あなたのスキルに見合った仕事を直接依頼主から受注することが出来ます

報酬は話し合いで決める場合もあれば、依頼者から設定されている場合もあります。

また以来の受注件数や実績が増えれば増えるほど、信用と評価は高くなるため、より稼ぎやすくなっていくのもクラウドソーシングの特徴です。

<クラウドソーシングサイト>

13.まとめ|自分にあった稼ぎ方を見つける

バイト以外で稼ぐ方法には○つの稼ぎ方があります。

しかしその中にはハイリスクなものや、時間を浪費してしまう可能性の高いものが多く含まれています。

そのためバイト意外で稼ぐときには以下の点を考慮しましょう。

  1. 自分の強みを活かせるかどうか
  2. リスクとリターンが見合っているかどうか
  3. 実際に稼げる可能性が高いかどうか

あなたが資格や特別な技能を持っているのなら、クラウドソーシングやタイムチケットであなたのスキルを商品にしましょう。

また分析したりコツコツ取り組む事が得意なら投機や転売、アフィリエイトなどのネットビジネスもおすすめです。

リスクとリターンについても十分に検討しておきましょう。

YouTubeやライブ配信はリスクがありませんが、稼げる可能性が少なく、お金がもらえるようになるまでに時間がかかります。

かといって治験や投機などはリターンも望める分、リスクが非常に高いです。

果たして今のあなたにとってリスクを負うだけのリターンであるかどうかを考慮しましょう。

さらにあなたの性格や状況を考慮した上で、実際に収益を得る可能性が見込めるかどうかも検討しましょう。

どれだけあなたに適している方法であっても、目的が稼ぐことである以上、稼げなくては意味がありません。

つまり、あなたがバイト意外で稼ぎたいと思ったらこれら3点を考慮して稼ぐ方法を選びましょう。

  1. 自分の強みを活かせるかどうか
  2. リスクとリターンが見合っているかどうか
  3. 実際に稼げる可能性が高いかどうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です